認知症防止

肝臓をアラキドン酸でサポート

アラキドン酸は脳の思考をサポートする脂質成分の一つで、乳児が口にする母乳にその多くが含まれているとされています。
乳児の思考、記憶の発達を助け、また身体的な成長も促す成分です。
またアラキドン酸は乳児だけでなく別の分野でも注目されています。
脳の若返りと、肝臓などの臓器をサポートすることです。

アラキドン酸は、記憶、思考それらの経路を担当する役目の神経、その成分をなす脂質です。
アラキドン酸を外部から摂取することにより、脳の働きをサポートし、実際に記憶力などが向上することが分かっています。
子どもの学習能力をも高めます。

また、アラキドン酸は肝臓を構成する成分でもあります。
ホルモンへ変化すると血糖値や血圧を下げる効果があります。
肝臓の働きをサポートし、アルコールの分解にも一役買います。

主にサプリメント等から摂取できるアラキドン酸
しかし、その過剰摂取には注意です。

実際、過剰摂取によって悩んでいた症状そのものがひどくなったという報告があります。
肝臓の働きや脳の働きを弱めてしまう可能性もあるのです。
また、各種がんの要因にもなり得ます。
アラキドン酸が不足していない限りは、過剰な摂取は避けるべきでしょう。

このページの先頭へ