認知症防止

身体反応をアラキドン酸で維持

母乳にその多くが含まれており、大人にとってもたくさんのメリットがあるとして注目され、サプリメントまでも販売されているのが、『アラキドン酸』です。
そもそもアラキドンさんは、記憶や思考の伝達を行う脳神経を形成する成分で、脂質の一種です。
乳児が飲む母乳にアラキドン酸は多量に含まれており、それが乳児の思考能力や記憶能力などを発達させる成分であることが分かっています。
乳児だけでなく、私達大人にも、アラキドン酸を摂取することによって思考能力の向上などの効果があるのです。

アラキドン酸が与える効果はそれだけではありません。
アラキドン酸が生成されている筋肉、それにも影響を与えることが分かっています。
筋肉の修復や生成を早めて、トレーニング時や運動時の炎症を抑え、また活発に動けるようにするとも言われています。
そのためのサプリメントも販売されています。

このように、たくさんのメリットがあるアラキドン酸
しかし、他のものと同じように、摂取のしすぎには注意しなければなりません。

アラキドン酸の過剰摂取は、思考能力の向上や修復力アップなどの効果を逆転させてしまう可能性があるのです。
また、肝臓がんなどの原因にもなり得ます。
用法を守った使用が大切であることは言うまでもありません。

このページの先頭へ