認知症防止

アラキドン酸で認知症防止

こんな実験結果があります。
高齢者幾人かに、グループを分けて作り、その高齢者たちに半分は『アラキドン酸』と何も与えないグループを比較した場合、与えたグループの方の高齢者が、思考能力などの向上が確認されたのです。
これは凄い成果ですね。
乳幼児の健やかな健康にもアラキドン酸が大切で、思考能力や記憶を向上させたり、体の発育を促進する働きがあります。
アラキドン酸を摂取することは、こんなにもメリットがたくさんあるのです。

脳の考える、覚えるなどの必要な機能は、加齢に伴って衰退していきます。
同時に物覚えが悪いと感じたりした場合は要注意です、脳内のアラキドン酸が低下しているかもしれません。
しかし、アラキドン酸は外部から摂取することができます。

そもそも認知症になる原因はどのようなものでしょうか。
認知症は病気が引き金となって発症する場合もありますし、普段の生活習慣が影響する場合もあります。
例えばビタミン類の欠乏や、低血糖の故に発症することもあります。
脳の老化を早めてしまう生活習慣が原因です。
アルコール類の飲み過ぎも脳の老化を早めると言われています。

しかし、認知症を防ぐために行えることもあるということです。
その一つが、アラキドン酸の摂取なのです。

このページの先頭へ