認知症防止

理想的なアラキドン酸の摂取量

どれだけ肌や体に良いとされている食品やサプリメントであっても、その摂り過ぎ、飲み過ぎに注意が必要なのは誰もが知っていることでもありますし、よく理解していない事でもあります。
過剰摂取は逆効果になる場合がほとんどです。
その例の一つが、『アラキドン酸』と呼ばれる成分です。

アラキドン酸は、肉や魚、また母乳などに多く含まれており、脳の認知機能を向上させたり、免疫を調整して向上させる働きがあります。
今やサプリメントとして販売もされているこのアラキドン酸、どのくらいの摂取量が好ましいのでしょうか。
それらサプリメントによっても異なりますが、過剰摂取は逆効果となってしまうことも分かっています。
なんでも、ちょうど良い量の摂取が求められるのです。

アラキドン酸を摂取する方法はもちろん他にもあります。
日々の食事にもこのアラキドン酸は含まれています。
しかし注意しなければならないのは、アラキドン酸の摂取過多は有害な影響を与えてしまうことがあります。
アラキドン酸は脳の働きや免疫機能を担っていますが、それが作り出す成分などが多すぎることにより、逆に認知機能が低下したり、ガンなどの病気を誘発する危険性などがあるので、サプリメントなどによる、必要以上の摂り過ぎに注意が必要です。


このページの先頭へ